« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

腰掛けられる下駄箱。

高さを低くおさえたデザインにしました。

普段使わない靴は、隣の収納にしまいます。

Rimg2146_min

腰掛けられる下駄箱。

なごみはうすホームページ。

http://nagomihouse.com/index.html

2010年11月29日 (月)

土間の様な玄関。

扉を開けて中に入ると、

Rimg2250_min_2

土間の様な玄関がひろがります。

なごみはうすのホームページ。

http://nagomihouse.com/index.html

辛口あんかけチャーハン。

あんがたくさんのっていておいしい。

___min_2

超大盛り。おなかいっぱい。

なごみはうすホームページ。

http://nagomihouse.com/index.html

階段。

2階から1階を見下ろしています。

___min

なごみはうすホームページ。

http://nagomihouse.com/index.html

2010年11月27日 (土)

神代楡(ニレ)の一枚板。

神代楡(ニレ)の一枚板をつかって

書斎をデザインしました。

___min

床は畳でくつろげます。

なごみはうすホームページ

http://nagomihouse.com/index.html

2010年11月26日 (金)

玄関の床。

玄関の床は洗い出し。

___min

なごみはうすホームページ

http://nagomihouse.com/index.html

2010年11月24日 (水)

畳がはいりました。

畳がはいりました。

___min

こころがやわらぎます。

2010年11月22日 (月)

なごみはうすのホームページ。

なごみはうすのホームページ。

http://nagomihouse.com/index.html

2010年11月20日 (土)

照明器具も取り付けた。

照明器具も取り付けた。

___min_2

建具の搬入。

建具の搬入。

___min

WEB完成写真BOOK。

WEB完成写真BOOK

http://www.adjustbook.com/lib/?us=408&bk=427

2010年11月19日 (金)

なごみはうすのホームページ。

なごみはうすのホームページはこちら。

http://nagomihouse.com/index.html

2010年11月17日 (水)

ぎょうざラーメン。

ぎょうざラーメンもうまい。

___min_2

あったまる。

さむくなってきました。

さむくなってきました。

お鍋の季節です。

___min

ギョウザ鍋 うまい。

2010年11月10日 (水)

もしも地震がおこったら(最終回)

地震がきたら、まずは身の安全の確保。

あわてず落ち着いて、以下を参考に行動しましょう。

室内にいる時

①机やテーブルの下に入る

②揺れがおさまったら火を消す

③ドアや窓をあけて出口を確保する

④いきなり外に飛び出さない

屋外にいるとき

①カバンや衣服で頭を保護し、屋内へ避難

(街路樹などの活用、ガラスの飛散範囲は建物高さの約半分)

②ブロック塀や門柱などに近寄らない

その後、ひとまず揺れがおさまったら、正確な情報の把握、家族の安否確認など、周りの人とも声を掛け合い、助け合いましょう

2010年11月 8日 (月)

完成写真BOOK。

完成写真BOOK

http://www.adjustbook.com/lib/?us=408&bk=429

08:防災への日頃の備えを忘れずに

災害による被害を最小限に食い止めるには、やはり日頃の備えが大切。家族全員で、災害時の集合場所や避難場所の確認。会社や学校からの帰宅ルートの確認。安否確認の連絡方法の確認や災害用伝言ダイヤルのリハーサルなど、防災について話し合う機会を持ちましょう。

2010年11月 5日 (金)

07:どんなに強くても地盤しだいで、地震に弱い家に

たとえ家の構造が頑丈でも、土地の地盤に問題があれば、地震に強い家にはなりません。地震が起こらなくても、新しく建てた家が、だんだん傾き始めて住めなくなってしまう「不動沈下」と呼ばれる軟弱地盤による事故も後を絶ちません。では、良い地盤とは、どのような土地なのでしょうか。岩盤や締まった砂礫層、硬い粘土層ならひとまず安心。反対に注意が必要な土地は、腐植土、泥土、田や沼地等の埋立地、盛り土をした造成地。旧河川や粘土質の地盤で液状化を起こしやすい場所。また、地名に「谷」「沢」「田」「津」がついている場所などです。しっかり地盤調査をして、軟弱地盤の場合は対策をたてることをおすすめします。

2010年11月 3日 (水)

HPを新しくしました。

HPを新しくしました。

http://www.nagomihouse.com/index.html

2010年11月 2日 (火)

06:地震で倒れやすい家って、どんな家ですか?

阪神・淡路大震災では、10万棟を超える住宅が全壊し、悲しいことに6千万人を超える犠牲者が出ました。その中の84%の方が住宅の下敷きや家具の転倒が原因でなくなりました。住宅倒壊の主な原因は、少ない耐力壁と土台からの柱抜けによるものです。柱・梁・筋かいから構成される耐力壁(木造軸組工法の場合)が少なくなったり、配置のバランスが悪いと地震に弱い家に。また、土台や柱と基礎が金物で緊結されていないと、地震の縦揺れによって土台から柱が抜け、簡単に倒壊してしまうことがあります。これらの教訓を受け、建築基準法も改正され、壁量バランスの確認と補強金物の使用が義務化されました。

2010年11月 1日 (月)

05:今後、大地震が起こる確率とは?

地震の発生をなんとか予知できないものか。地震の専門家たちは、日々プレートの境界で起こる小さな揺れや地震波を観測し、地震の前触れをキャッチできるよう努力しています。また、1996年、政府の機関が、活断層やトラフ、プレートの位置から、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示した「確率論理的地震動予測地図」を発表。震源断層を特定した地震動予測をも行ったハザードマップとして注目を集めました。さらに、地震が発生した時にいち早く知らせてくれる「緊急地震速報」というシステムを開始。初期の揺れから、その後の大きな揺れを推定するもので、防災に役立つと期待されています。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »